カテゴリ:★オリジナルレシピ&裏ワザ★( 14 )
2017年 09月 03日
型なしで 台湾風パイナップルケーキ(少々いびつ)
超~~~~~~~久々。何年ぶりかでレシピ投稿。


********************************


台湾のお土産パイナップルケーキというものを今年初めて食べて感動した

c0018617_12295285.jpg
↑こういうの。

これ、家で作ってみたいな~~~と数ヶ月思っていたんだけど・・・・、型がない。
c0018617_12300356.jpg
↑こういうの。
買ったら高いし(一度にたくさん焼きたいので)
小さめの物が作りたいけど市販の型は大きそう。


クッキーの抜き型で代用できないかな~と思ったけど、四角いクッキー型って無いし、
上から押さえるものもない。

アルミの板とかで自作する・・・・・?
いや~~~大変そう。


ふと、「きんつば」みたいに六面焼いたらいいんじゃないかと思いついた。

あんは、パイナップルと冬瓜を煮詰めて作る。
c0018617_12254589.jpg
半額ラッキー!
冬瓜は入れるレシピと入れないレシピがあるけど、
いただいたものの原材料に冬瓜が入っていたので入れて作る。
(パイナップル100%だと煮詰めたときに酸味が強く出る気がするので冬瓜入れたほうがいいと思う)
c0018617_12255616.jpg
フードプロセッサーで細かくして、底の厚い鍋で煮詰める。
c0018617_12270358.jpg
水分が減ったら砂糖を入れてさらに煮詰める。

c0018617_12263543.jpg
包むの結構大変だった・・・
生地をラップ二枚で挟んで平らにし、上のラップをはがし
丸めた餡を載せて、ラップごと茶巾絞りみたいにして包み、
ラップをはがして丸くまとめてお饅頭状態にしてから
手で四角く形を整えた。
(最後しんどくなって四角にせず丸のままのも作った)

c0018617_12271877.jpg
ホットプレートで一面ずつひっくり返しながら焼いていく。
あとでオーブンで仕上げ焼きするので表面だけ固まればOK
c0018617_12273137.jpg
全面焼けたらオーブンへ。
低温(150~160度)で25分くらい焼いてみた。

c0018617_12273985.jpg
少々いびつだけど、型がなくってもパイナップルケーキ出来た~!


焼きたては周りの生地がサクッとしてるのでパイナップルケーキらしくなかったけど
ラップで包んで一日置いたらシットリしておいし~♪



型を買わなくてもそれなりのものが出来てかなり嬉しい。
包むときは、
めんどくせーーー!こりゃしょっちゅう作る気になれんわ~
と思ったけど、
食べるときに手間暇分の苦労が美味しさに変わる気がして
なんかすごく嬉しい。

他の果物でも作ってみようかな。

半額で買った無塩バターがまだ冷凍庫にたくさんあるし。


***************************


今回の分量(試作だけどそこそこいい出来だと思う)

★餡(パイナップルジャム)★
生パイン 300g
冷凍パイン 300g
冬瓜 500g
砂糖  120g


↑いろんなサイトでいろんなレシピを見て悩んだけど、とりあえず
買ってきた半額生パインが300g、冬瓜が500gだったので
それに見合うレシピがなかったのと
水あめが入るレシピが多かったけど必要性を感じなかったので砂糖だけで。

パインより冬瓜が多いのはちょっと好ましくないな~と思いつつ煮詰めながら
冷凍庫に冷凍パインがあるのを思い出して追加した。
生パインより酸味が強かったかも。
砂糖は味見しながら足して最終120gになったが、
パイナップルケーキ用には少し甘みが足りなかったかも・・・


★生地の分量★

これもいろんなサイトでいろんなレシピを見て
これぐらいの配合が扱いやすく味もいいんじゃないかな~と思って試作してみた

薄力粉  200g
無塩バター 80g
砂糖 50g
卵  50g
スキムミルク 20g
 塩 少々

こういうクッキー系のものは
バターが多いほうがリッチで美味しくなるのだが
粉がバターの2倍強くらいの配合でないと
成型するときベトベト柔らかくて扱いにくいし
ホットプレートで焼き固めるときに
プレートに接してない面がとけてだれてくる
→形が崩れる

なのでバター80gに対して粉200gにした

卵は、卵黄だけの方が味は美味しくなると思う
けど卵黄のほかに水分が入らないと
グルテンが出ず生地がポロポロ割れやすくなってこれまた成型しづらい
なので卵白も入れた

※今回の配合は若干成型のときべとついたので、次回
卵を卵黄1個分+卵白=40gになるようにしてみよう

スキムミルクは、パイナップルケーキのレシピでは入っていることが多いので入れてみた
食べるときにミルク感を感じるかどうかはよくわからない



かなーり手間のかかるお菓子だけどその分食べるとき幸せ♪
興味ある方は是非。
c0018617_13335559.jpg








[PR]
by kunimanga | 2017-09-03 13:18 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(4)
2011年 09月 02日
便利!!!プリン用カラメルタブレット
以前から知ってはいたけど買ったことはなかった「プリン用カラメルタブレット」。

とあるお店で見つけたので買ってみた。

砂糖を焦がしてカラメルを作るという手間がなくなり
タブレットを容器に入れるだけという手軽さ!!!
c0018617_1031126.jpg


わかってはいたけど実際やってみたらやっぱり感動。

これを機にプリンに凝りたくなって、
ちょっと上等っぽい、とろとろプリンを作りたくなった。
c0018617_10334670.jpg

レシピ検索してみたら、クックパッドで評判のレシピも、パステルのなめらかプリンも、
結構生クリームの割合が多く私の理想のとろとろプリンよりは濃厚すぎ…のような。
クレームブリュレほど濃厚でない、とろとろプリンが作りたい。

ということで、自分なりに考えた配合で作ってみたら、
めーーーーーーーっちゃ美味しいなめらかとろとろプリンが出来た!!!

わ~い、ブログに載せよう~♪
と思ったら、またいろいろ検索してみたら、
ためしてガッテンのレシピとほぼ同じだった。




ということで、ガッテンのレシピにリンクはっておきます~

ためしてガッテンのなめらかプリン

ちなみに私のレシピは↑のレシピで、砂糖が90gでした。
次回は70gで作ってみよ~

カラメルタブレットは、容器1つにつき2個入れました。

[PR]
by kunimanga | 2011-09-02 10:43 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(6)
2006年 10月 01日
スナックパン(スナックスティック)風のパン
c0018617_0365666.jpg
スナックパンの記事を書いてから何度か試作してみてわかったことは

薄力粉の割合が多いと硬くなる。ということ。

なぜかというと、薄力粉はグルテンが少ないので普通のパンより水分を少なくしないと
生地がベチャついてまとまらないのだ。

スナックパンは、食感から想像するに強力粉と薄力粉の割合が半々に近いんじゃないかと
思っていたが、それだとかなり水分を少なくしないと成形できるような生地にならず、
結果、すっっっっごく硬くなってしまった。


強力粉を多く、薄力粉を少なくするとあのぽそぽそ感というかさっくり感というか・・・
普通のパンらしくないあのスナックパン独特の食感から遠ざかるんじゃないかと思ったが、
試してみるとそうでもなかった。


★★★うまく出来た配合★★★

強力粉     230g
薄力粉       70g
砂糖         60g
マーガリン      60g
スキムミルク  大さじ1
ドライイースト 小さじ1強
塩       小さじ4分の1
牛乳       180cc


・・・・これ、粉300に対してマーガリン60gだからパンとしては非常に油が多いんだけど、
実際食べ比べてみると、パスコのスナックパンはもっと油が入ってそうだ。

c0018617_0375237.jpg袋の裏側。パンに触れたところ、油の型がついている。

1本あたり脂質4.7g。
上記の配合で16本出来たから、このレシピだと1本当たりマーガリンは3.75g。
あと、牛乳、粉に含まれる油分と合わせてもパスコのよりは少ない。


パスコの味に近づけるには、もう少し油分を入れる必要がある。
でも、別にこれで充分おいしいんだし、これでいいと思う。

「ソックリを目指す」つもりで作り始めたが、「似たもの」でおいしければいいや。
わざわざカロリーを増やさなくても、これでも充分こども達は大喜びで食べてるし。


*というわけで、もっと本物そっっっくりにしたい!!!と思う方のみ
バターまたはマーガリンを増やしてみてください*
その場合は水分を減らすのをお忘れなく。
(ちなみにサラダ油を入れてみたらすごくサラダ油くさくなったのでやめた方がいいです。)


その他の工夫

★卵を入れてみたがなんだかパサついたので無しにした。
★練乳を入れるとよりミルキーでリッチな味かもしれないが
 牛乳+スキムミルクでごまかした
★原材料には水あめとか膨張剤とか入ってるがあえて
 水あめもベーキングパウダーも入れず出来るだけシンプルな材料で出来るようにした


作る上での一番の注意点は、水分のコントロールに気をつけること。

私の場合柔らかいパンが好きなので、このパンに限らずパンを作るときはいつも
二次発酵前にしっかり霧吹きで水をかけ、焼く前にも霧吹きで水をかける。
オーブンシートにも水滴がいっぱいついた状態にして焼く。
焼きあがったら、一息置いて(まだかなり熱い状態、荒熱が取れる前)にビニールをかける。

こうして水分の蒸発を出来る限り少なくしてやわらかいパンにする。


スナックパンの場合細長いので特に水分が蒸発しやすい気がする。

もちろん硬いパンが好きならこんなことする必要はないが。

パスコのスナックパンよりヤマザキのスナックスティックの方が硬い気がするが、
この辺の違いだろうと思う。
[PR]
by kunimanga | 2006-10-01 01:19 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(18)
2006年 09月 20日
スナックパンに挑戦
c0018617_19252566.jpgパスコのスナックパンや、
ヤマザキのスナックスティック。
私も子どもたちも大好き。

ポンデリングは難しいけど、これならなんとなくどうすれば近い味のものが出来るか想像がつく。
パンを作る人ならわかるだろうがこのパンはシンプルな見た目に反して
かなりリッチな配合だと思う。

パンとしては、相当甘い。かなり砂糖を入れなければこの甘さにならないだろう。

そして相当油っこい。
「パン」という割には粘りがなくさっくりしていてどちらかというとパサついた感じがする。
これは薄力粉が結構な割合で入っているからだと思われる。

パサついてるのに、口どけがいい、喉の通りがいい、これは油が相当入ってるからだ。
その証拠に、スナックパンをつまんでギュッと押すと、指がテカルほど油がつく。


普通のパンの配合より、砂糖とマーガリンをかなり多くし、
粉は強力粉と薄力粉のブレンドにしてみよう。
薄力粉を入れるとグルテンが少ない分まとまりが悪くなりベチャつくそうなので、
水分は控えめに。
甘みを強く感じ、塩味はあまり感じられないので塩も控えめに。
ミルク風味もあるのでスキムミルクを多めに。
卵は多分入ってるだろうがそんなに多くなさそうなので
とりあえず卵なしにしてみよう。


さて・・・出来た♪

c0018617_19381031.jpg
試作第一号はこんな感じ。

見た目も食感もよく似てるが、まだ甘みと油分が足りない。
あと、塩味はもっと控えた方がよさそうだ。
断面の色が真っ白じゃやっぱり寂しいから卵を少し入れるべきかな。

明日、試作その2を作ってみよう。
(時間あるかな・・・?)
[PR]
by kunimanga | 2006-09-20 19:44 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(4)
2006年 06月 16日
パンの冷蔵庫発酵
パンの発酵は○度で○分でないといけない、というわけではない
ということは意外と知られていない。

自分のサイトのここにも書いてるが、発酵は腐敗と似たようなものなので
温度が高ければ早く、温度が低ければ遅く進む。

冷蔵庫に入れれば、ゆ~~~~っくり発酵させることが出来る。

わざわざ時間をかけるメリットは何かと言うと、
時間に縛られなくなるということ。

普通の発酵だと(レシピによるが)一次発酵に40分~1時間、二次発酵に30分ほど。
結構気ぜわしいものだ。
c0018617_135357.jpg

冷蔵庫で発酵させれば、半日~1日半くらいの時間の余裕が出来る。
一度にたくさん生地を作っても、天板に乗り切らない場合も、冷蔵庫発酵なら安心。
c0018617_129291.jpg

以前は本サイトの冷蔵庫発酵のページに書いてる通り、一次発酵のみ冷蔵庫でしていたが、この記事のコメント欄で「二次発酵も冷蔵庫でOK」と教えていただいて以来、二次発酵を冷蔵庫でするようになった。

成形した生地をアルミケースに入れてタッパーに入れる。
c0018617_12224922.jpg

c0018617_12175332.jpgそれを冷蔵庫で発酵させ、焼くときは生地が冷えすぎているので10分ほどオーブンの「発酵」で温めてから焼く。

アルミケースのまま天板に移せばいいので、オーブンシートいらず♪


ちなみに我が家の冷蔵庫では、二次発酵は野菜室で一晩でちょうどいいくらい。
冷蔵庫だと温度が低すぎるのか一晩ではあまり大きさが変わらない。
(発酵の見極めは、見た目の大きさ。)

焼きたいときにまだ発酵が足りないようなら、天板に移して
ちょうどいい大きさになるまでオーブンで発酵。
(時間はその都度いろいろ)


二次発酵を天板でするということしか頭になかったので、二次発酵は冷蔵庫でする気になれなかったが、この「アルミケース&タッパー」案を頂いたおかげで二次発酵を冷蔵庫で出来るようになった。
(情報を下さった「かわ」さん、ありがとうございます!)
[PR]
by kunimanga | 2006-06-16 01:43 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(14)
2006年 06月 11日
!!感動!!するたこ焼きのレシピ
たこ焼きって、時々食べたくなる、「そこそこおいしいもの」であって、
「感動するほどめちゃめちゃおいしいもの」だという意識はなかった。

このレシピに出会うまでは。
大阪のたこ焼きのレシピ

↑コテコテの関西弁がおもしろいんだけどなかなか説得力ある文章なので
このレシピで作ってみたら・・・・!!!!!

c0018617_22202493.jpg




たこ焼きってこんなにおいしいものだったのか・・!!!!

と感動して以来知り合いにこのレシピを広めまくっている。


ちなみに上記のレシピどおりではなく
★「高級薄力粉」を使うと書いてるが私は普通の薄力粉。
★「スキムミルク」と書いてるがかわりにコーヒーフレッシュ。
★「ベーキングパウダーを入れる」と書いてるが私の安物たこ焼き機では焼いてるうちに
 膨れてあふれてしまうので、ベーキングパウダーは無し。
★だしはだしの素は使わないと書いてあるが私はほんだし。

このように多少アレンジ(手抜き)してるけどそれでも充分おいしい!!!


私流アレンジ分量(普通の大きさ80個分、大たこ焼きなら60個分)

薄力粉        280g
卵            4個
砂糖   大さじ1と3分の1
塩          小さじ1
しょうゆ 大さじ1と3分の1
コーヒーフレッシュ  8個(または生クリーム40cc)
ほんだし        一袋(8g)
水          1200cc


*水分量が多いので一度に混ぜるとダマになるので、水は少しずつ足す。


具は、たこ(業務スーパーの冷凍のぶつ切り)と天かすとネギ。
あと、元レシピは「キャベツを入れるのは邪道」と書いてるけど
フープロでみじん切りにしたキャベツを入れている。
紅しょうがは苦手なので入れない(^_^;)

ま、その辺は好み&気分で。

c0018617_2244538.jpg油は思い切って多めに!
c0018617_22452478.jpgたこは凍ったまま入れてOK。
c0018617_2246215.jpg一回目返したときはこんなでも・・・

c0018617_22465786.jpg根気よくコロコロ・・・
これで外はカリッ!!竹串で触った感触も楽しい♪


ソースは元レシピに書いてあった通り
たこ焼きソースに蜂蜜を混ぜる。
でも、このレシピのたこ焼きは何もつけずに食べるのも最高!!


外はカリッ、なかはとろ~り、しかも、まろやか~~~
もうほんとめちゃくちゃおいしい!!!
冷めてもおいしい!!


是非是非作ってみてください!!
[PR]
by kunimanga | 2006-06-11 12:00 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(18)
2006年 05月 31日
間違った情報が常識として定着してしまってるのが嫌い
料理の本とか見るのが好き。
特にお菓子。

しかし、疑問が多くある。



①粉ふるい

クッキーやパウンドケーキ。
大抵、粉をふるうと書いてある。

必要か!?

必要ないことに労力を使うのが大嫌い=要するにモノグサな私。
レシピを見て「これは省いてもいいだろう」と思う手順は出来るかぎり省く。
パウンドケーキやクッキーの場合、粉を入れる前の生地がある程度かたいので(トロトロユルユルでないので)粉を振るわずに入れたってダマになったりしない。

★後日訂正!!★
久々にパウンドをふるわずに作ったら小麦粉のダマだらけに…(^_^;)
クッキーはともかくパウンドはふるった方がいいですね(汗)
ふるうのが面倒ならビニール袋に入れてバホバホでいいと思います



②ベーキングパウダーを使うお菓子

ベーキングパウダーを使うお菓子は大抵
「粉とベーキングパウダーを合わせてふるう」と書いてある。

必要か!!??

均等にまざりゃいいんだから、粉を合わせる前のバター+卵生地にベーキングパウダーを混ぜる。ベーキングパウダーは別に練っても粘りは出ないんだから、遠慮なく混ぜ混ぜする。
全然問題なし。


③卵は新鮮なものがいい??

NO!!!!

卵は古いものほどおいしい。

胸張って言える。
新しい、しかも高級な「白身も黄身もこんもり盛り上がる」ような卵の白身は、煮えても「ぷりん」とした食感にならず「もそっ」としている。
ゆで卵にするとむきにくいし目玉焼きにしてもおいしくない。
安物の古い卵で作ったほうがぷりん♪として断然おいしい。

ま、ゆで卵と目玉焼きに限った話だけど。
そのほかの料理のときは特に違いは感じないけどね。

(*ちなみにスポンジケーキも安物卵のほうがおいしい。
立てた泡がつぶれにくいのは実際新しい卵だと思う、でも出来上がったケーキは安物卵で作ったスポンジの方がおいしかった。なぜだろう…)

卵を生で食べない私が高くて新鮮な卵を好んで使うのは焼きプリンのときくらいかな。
焼きプリンは「ぷりん」とした食感にならないほうが「らしい」から。






それから、ネットだったか本だったかテレビだったか忘れたけど、

④L玉もS玉も黄身の大きさは同じ

と言うのを見たことがある。しかも何度か見かけた。


あんた、比べてみたんか!!???

と言いたい。
L玉とS玉を割ってみりゃ一目瞭然じゃないか。
(当然S玉の黄身のほうが小さい)





スポンジレシピの「卵の泡立てについて」のときも書いたが
「泡立てすぎはタブー」と本に書いてあったのをまに受けてたのがそもそも間違いだった。

パンの冷蔵庫発酵も家庭では出来ないとある本に書いてあった。
やってみたら全然問題なしだった。

料理本は「思い込み」や「実際に経験したのではない、語り継がれた知識」で書いてあることが多いのかな、と思う。


だから実験が好きだ。
とくに手抜きにつながる実験が(笑)
[PR]
by kunimanga | 2006-05-31 00:09 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(26)
2006年 04月 27日
バーナー熱
この間はじめて「クレームブリュレ」を食べた。
とろ~りで上はカリカリという食感に、感動~
バーナーさえあれば家で簡単に出来そうなのにな・・・

と思ったら、夫が持ってた!

c0018617_1985298.jpgこれ。
料理用ではないけど、出来ないことはないだろう…とやってみた。
c0018617_199539.jpgう~ん・・・いまいち。砂糖にこげ色がつく前に、卵の幕が熱で盛り上がって部分的に焦げてしまう。
砂糖が少ないのか?火を近づけすぎなのか??
それとも炭おこし専用バーナーだから???


そういえば、バーナーがあれば是非やってみたいと思ってたものがもうひとつあった。

大好きな、
あぶりサーモン!!!!!
c0018617_19135645.jpg
スーパーで買ってきた刺身用サーモンをすし飯を握った上にのせて、ブォーーーー
c0018617_1917610.jpg
これは成功!!!!!v(≧∇≦)vおいしかった!!(ねっ、SさんFさん♪)

クレームブリュレがイマイチなのが気になる…
料理用バーナーだとどうなんだろう?でも高いなぁ・・・
料理用でなくても2000円以内で買えるの、いろいろあるな~
チャッカマン方式で点火できるのとか、便利そう。
[PR]
by kunimanga | 2006-04-27 19:22 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(6)
2006年 04月 18日
モーニングサーブの様なもの
c0018617_13333179.jpgニッポンハムの「モーニングサーブ」っておいしい。
これって、家で出来ないだろか?

と思ったのは、以前手作りソーセージを作ったとき。

モーニングサーブって要するに皮なしソーセージみたいなもんだし、やってみようかな。

c0018617_1338924.jpg豚の肩ロース肉の塊を半額でゲットしたのが冷凍庫にあったのでそれをフープロで粗挽きにして、水、卵、片栗粉、塩、砂糖、香辛料を混ぜて焼いてみた。


c0018617_13383453.jpg成型はすごくいい加減。ホットプレートの上でフライ返しで押さえつけて切っただけ。

c0018617_13393115.jpg
我ながらいい加減だなぁ・・・でも皮なしソーセージってアルミホイルで包んだらホイルいっぱい使うし、形にこだわらなければこれでええやん(^。^;)

味はソックリとは行かないけどなかなか似てたんじゃないかなと思う。
スパイスを工夫すればもっと近くなるんだろうな。
末っ子が手づかみで恐ろしくたくさん食べていた。


★今回の分量★  

豚肩ロース塊       500g
玉ねぎのすりおろし   大さじ3
卵            2分の1個
冷水             50cc
砂糖        大さじ2分の1
塩             小さじ1
片栗粉           大さじ1
にんにく(チューブのもの使用)少々
粗挽き黒コショウ    小さじ1
オールスパイス、セージ、オレガノ
(↑家にあったので適当に入れてみた)


!!!11月1日訂正!!!
塩の分量を訂正し、玉ねぎのすりおろしを追加しました。



※挽肉を使わず塊肉を使ったのは、店にある挽肉があまりにも白くて(脂肪が多くて)求める食感が得られそうになかったので。
※冷水を入れたのは、ソーセージのときも入れたから。ジューシーさを出すため??
ソーセージは「冷たい状態」でこねないといけないので冷水(氷水)を使った。



モーニングサーブにこだわらず皮なしソーセージと考えると、調べたらいっぱいレシピあるなあ…
今度いろいろやってみよう♪
[PR]
by kunimanga | 2006-04-18 14:08 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(5)
2006年 04月 07日
ふんわりしっとりマフィン 試作その1
「マフィン」と聞いて思い浮かべるのは、私の場合は
c0018617_23431183.jpg
コンビニで売ってる、これ。
★パウンドケーキより軽く
★スポンジよりは重い
ふんわり、しっとり感。
これが大好き。時々無性に食べたくなる。

でもマフィンのレシピって、これとかけ離れてるのが多い。
ネット検索してもマフィン専用のレシピ本を見ても、このタイプのマフィンのレシピはない。
粉が100g以上なのに卵が1個だったりで、水分は牛乳で補ってる。
(粉が200g以上でも卵2個とか。)

粉に対してそんなに卵が少ないなんて…なんか、モソモソしてそう。

(実際以前一度普通のマフィンのレシピで作ってみたが、想像通り、
私の求める食感じゃなかった)
c0018617_0183281.jpg

「マフィン」って一般的には朝食代わりになる甘みの少ない、
そんなにふんわり感もないものらしい。

それはそれでおいしいんだろうけど、
私はもっと卵が多い「ふんわり」な、かつバターのしっとり感のある、
香月堂のマフィンのようなマフィンを作ってみたい!



・・・そう思って試作してみた。
スポンジより重くパウンドより軽くなるような分量…。
手順は、普通の共立てスポンジの要領でやってみよう。
バターが多い分泡がつぶれそうだがしっかり泡立てておけば大丈夫そう。

★試作分量★

卵      4個 
砂糖   130g
薄力粉  150g
バター   100g
牛乳   大さじ3
塩   ひとつまみ

1.卵と砂糖を思いっきりあわ立てる。
  ハンドミキサー強で10分。
2.ふるった粉を入れゴムベラで切るように混ぜる。
3.溶かしバターと牛乳と塩を合わせたものを入れ
  底からすくい上げるように混ぜる。
4.マフィン型に流しいれ、180度で25分焼く。


★★結果★★

味はいい!!おいしい!!!
まさにスポンジより重くパウンドより軽い!
甘みはもうちょいひかえてもいいかな。


問題は、見た目…
c0018617_1228499.jpg
膨らみもイマイチだったし(上面に亀裂が入らない)、
冷めたら縮んで理想のマフィンの姿には遠く及ばない(^_^;)
c0018617_12282156.jpg
断面はこんな感じ。ふんわかしてかなり好みの食感&味。
ベーキングパウダーを使うと上の絵のような縦長の穴が開くんだけど
これは卵の泡だけなのでそれがない。

次は、縮み防止のために粉をもう少し増やしてみよう。
食感が劣らない程度に…

[PR]
by kunimanga | 2006-04-07 00:34 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(6)
*