カテゴリ:その他( 17 )
2016年 05月 13日
キヌサヤは太らせて食べるべし!!!!!!!
キヌサヤエンドウ作ってる人!
c0018617_2231955.jpg

いわゆる「キヌサヤ」の状態(ぺったんこ)で食べるのは勿体無いです!

豆が太るまで収穫を待って、
煮て食べてください
c0018617_2243388.jpg

マメの味がしてめっちゃおいしいです!!!

絶対ぺったんこのキヌサヤより栄養価高いし、
お通じもバッチシです!!!


スーパーに太らせた状態のエンドウは売ってないので、
作ってる人だけの特権です。





【今日のバラ】
リトルアーチスト
c0018617_2281847.jpg

[PR]
by kunimanga | 2016-05-13 22:10 | その他 | Comments(0)
2014年 10月 27日
ミニバラにはまりまくり

十数年前、家を建てるときに花を植えたくなって一度はバラにハマった。
ハイブリッドティー、フロリバンダ、イングリッシュローズ、修景バラ、

あわせて20本くらい買ったかな~


夢、うらら、
c0018617_22204241.jpgc0018617_22203485.jpg
ゴールデンボーダー、ブライダルピンク(たぶん)
c0018617_22204593.jpgc0018617_22204833.jpg
ヘリテイジ、バレリーナ
c0018617_22210294.jpg
c0018617_22210429.jpg
子どもが小さく 愛情と手間を必要とするバラに気持ちを向けることが出来なくなりほとんど枯れてしまった。
(何より せっかく出来た蕾を鹿に食べられ 気持ちが萎えてしまったのが大きい)


今生き残ってるのは 修景バラの「ボニカ’82」

c0018617_22210059.jpgc0018617_22205724.jpg

つるバラ「アンジェラ」
c0018617_23172994.jpgc0018617_23174608.jpg
10年以上前にハマって一度はさめても、好きなものは好き。

だが、自分で咲かせようとはもう思わないだろうと思っていた。


最近ひょんなことから 10年以上前には全然興味を持たなかった「ミニバラ」に興味がわいた。

で調べてみると・・・10数年の間に進化しまくっていることに驚いた。
特にこのサイトの写真!セントラルローズさんのサイト
c0018617_23315582.jpg
こっ・・・これがミニバラ~!!!???キレイすぎる・・・・・!!!!!!
大輪でしかも花もちがすごくいいらしい。

バラって花もち、個人差(?)があるもんな~
花瓶に挿してもすぐパカーッと開いたりパラパラ~っと花びらが散ってしまったり
そうかと思うといつまでも花びらが散らないのもあったな~

ミニバラということは、樹形はそんなに大きくならない
これだけキレイで花持ちが良かったら言うことなしだな~~~

しかも!!!普通のバラより苗が安い!
これはドはまりの予感・・・




で早速ホームセンターへ。
あったあったフォーエバーローズ。品種名は書いてないけど見切りで半額だったり100円だったり
ただでさえ大きいバラより苗が安いと思ってたのにネットで見るよりさらにお得!
品種名書いてなくてもとりあえず「フォーエバーローズ」がほしい。
ホームセンター3種類の店舗でそれぞれ見切りやポット苗をお安くGET♪
楽天でも花終わり処分品のフォーエバーローズを数鉢入手。

ミニバラは大きいバラと違い挿し木苗で、一鉢に4~5本植えてある。
ほぼ全部ばらして植えて、
大きいバラの価格を知ってるだけに、あまりの安さに
とーーーーーーーーっても得した気分!

c0018617_23444578.jpg
c0018617_23392786.jpg
c0018617_23445359.jpg
c0018617_23393676.jpg

c0018617_23391517.jpg
c0018617_23453241.jpg
c0018617_23452347.jpg
花瓶に挿したら(花茎が短いので一輪挿し)、信じられないくらい花持ちがいい。
そういえば見切り品の花は色が抜けても花弁が散らずにひっついてたな~

早速ウドンコ病が出たり 見切り品にはハダニがついてたりしたけど
バラは絶対こまめな手入れが必要なもの。
大きいバラと違って目が行き届きやすいし家の中やすぐ前におくと鹿に食べられる心配も無い。

頑張って世話するぞ~~~♪



[PR]
by kunimanga | 2014-10-27 23:56 | その他 | Comments(4)
2009年 01月 28日
常に上向いていこう! (出来るだけ)
一つのことを極めている人を見ると、その努力に非常に感動すると同時に
凹んでしまう自分がいる。


何もかもが中途半端な私。

欲張りだから、いろんなことに手を出す。
一つだけに絞ることが出来ないから、すべてが「初心者」レベル。



一つのことに惚れこみ人を感動させるほどのレベルの人・・・

すごいと思う。私とは人種が違うと思う。
私はあんな風には生きられない。絶対に真似できない。


自分なりに今頑張っていることに意味なんてないのかな・・・
この先どれだけ頑張っても極めるレベルなんてなれないのは目に見えているから・・・



やめてしまおうか・・・


と、一瞬思ったりしてしまう。


でもきっと私の目から「極めている」と思っている人も
自分では「極めている」と思ってはいない。

きっと世界の頂点に立った人だって、「まだまだ」と思っているのだろう。



高レベルな人から見て、初心者が頑張っていることをバカバカしいとは思わないと思う。

どんなレベルでも「頑張る」過程に意味がある。

自分が「楽しい!」 と思えたら、そういうものに出会えた幸せに感謝して
頑張り続けたらいいんだ、きっと。




よっしゃ!!!


ピアノ(ソナチネレベル)も、
ギター(Fがきちんと押さえられないレベル)も、
卓球(わが子に負けるレベル)も、

がんばろ!!!!!!!




雪割草栽培も、
愛好家の方々の話題についていけないレベルで、
私って中途半端やな~と思ったりしたけど、
雪割草が好き!!!!!という気持ちは中途半端ではない。
一生冷めない恋愛と言っていいほど惚れている。

ウクレレも本当はやってみたい。
ヴァイオリンもかじってみたい。

絵ももっと色々描いてみたい。
色んなソフトをマスターしたいし、PC絵だけでなく本当の画材で描くこともしてみたい。



やっぱり一つには絞れないなあ~。
世の中魅力的なこと多すぎ!!!





とりあえず今は卓球がめちゃ面白い!!!!

それからギター。もっともっと上手くなりたい!



面白いことに、夏から数カ月ギターを弾き続けていた二男、2ヶ月ほど休んでいたかと思ったらまた弾き始めた。

よく考えたら私が2ヶ月ほど休んでいたのだ。

連動してるというか・・・子どもって背中見てるんだな~。




「黄昏」がいくら頑張ってもどうしても仕上がらないから少し諦めモードだったけど、
「ティコ」を弾いてみたら初見で割と弾けた。

その他、以前弾けなかった曲が意外とすんなり弾ける。

「黄昏」でした努力が無駄にはなってなかった。

おもろいなあ。





早く動画をアップできるように、一曲を「完璧」に仕上げたいな!


今練習している曲

押尾コータロー 「ティコ」

この本から「いつも何度でも」
「野に咲く花のように」


さだまさし 「Birthday」「夢」(弾き語り)
[PR]
by kunimanga | 2009-01-28 08:00 | その他 | Comments(11)
2008年 07月 12日
ガングリオン・・・(泣)
この頃ギターが妙に弾きたい。

なのに、ちょっと弾いたら右手のガングリオンが痛み出す。

これ、出来る場所によっては痛まない人もいるようだが
私の場合は外から見て膨れる前に痛みが先に来る。

注射で液を抜いてもすぐ再発するらしい。
原因になる袋を取る手術では神経を傷つける可能性もあり
しびれが残ったり動きにくくなったりすることがよくあるらしい。
しかも袋を取っても再発することもあるらしい。
なので手術は考えていない。


ある特定の動きにすごく弱いらしく、
ピアノの場合右手が単音ばかりの曲ならいくら弾いても平気なのに
右手が和音の連続といった歌の伴奏のような曲を弾くと、一曲弾いたあともう痛い。

ギターも、少し凝って連日弾いてると痛み出す。

マウスのクリックも、あまり回数がすぎると痛み出す。


耐えられないわけじゃないが何とも言えない嫌な痛みなので、しばらく手を使わないようにする。

と、治まる。


治ったかと思って弾いたらまた痛む。

の繰り返し。



あ~あ、ギター練習しまくって上手くなりたいのに・・・・・・・・

ガングリオンのせいにしてるが上達しないのは半分以上私の根性が原因だが・・・


それでもこのガングリオンが恨めしい。



ガングリオンない人 ええなあ・・・・・・
[PR]
by kunimanga | 2008-07-12 09:14 | その他 | Comments(15)
2008年 06月 18日
さよなら専業主婦
この春、私にとっての一つの時代が終わった。

三男が幼稚園に入園し、「常に子どもと居る」という状態から さよならした。

昼間 一人になった。
(実際は友達と会いまくりなので一人ではないが)



長男を産んでから10年半あまり、
大きく見ると「育児に専念した」という一つの時代だが、
細かく分けていくつかの時代があった。

「長男が赤ちゃんの頃・・・子どもが一人だけ」の時代。
「次男が生まれ、2人の子どもとずっと一緒」の時代。
「長男が保育園に入り 長男とべったり一緒にいることから卒業した」時代。
「三男が生まれ 昼間次男と三男と一緒にいた」時代。
「次男が幼稚園に入り 次男とべったり一緒にいることから卒業した」時代。
「『もうこれで最後』と、三男と居ることを存分に楽しんだ」時代。

↑この一番下の時代のことを、同じ状態の友達と
「黄金時代の最後」とよく表現していた。

正直言って、専業主婦歴が長すぎて 働くことを想像できない状態だった。



気がつけば 長男はもう5年生。次男は3年生。

「働かなくては」というより、「働きたい」と思うようになった。

自分の気持ちが自然に変化しているのが面白い。



子どもを産んで以来、私の脳は完全に「守り」状態だった。

動物が子どもを産むと突然に変わるように、
私の脳も 本来の私の性格そのものとは違う状態だった。

本来の私は 冒険好きで新しいことが大好きで広い世界を見てみたいという欲が強かった。


それが 子どもを産んでからは、「その命を守ること」が私のすべてになった。
危険を冒してまで わざわざ遠くに出掛けるのが億劫になった。

新しい刺激も何も要らなかった。



が、今の私は働くことを想像するとワクワクする。

「育児専念モード」から、本来の私に少しずつ戻ってきているのかもしれない。





とりあえず、明日(日付変わったのでもう今日か)から仕事なので 寝ないと。



さよなら「専業主婦状態」。


体は楽でも 心は色々あったが
過ぎてしまえば とても貴重な11年間だった。



今から始まる「一つの時代」も 過ぎた時に「いい時代だった」と思えるように

前向きに満喫していこう。
[PR]
by kunimanga | 2008-06-18 00:09 | その他 | Comments(9)
2008年 05月 24日
ウェイ・ダウン法と運動で・・・半年で13kg  その1
前置きはこちら↓
目からウロコのダイエット 半年で13kg減

はじめに書いておくが、ウェイ・ダウン法は
私にとっては「一生出来るストレスの超少ないダイエット法」だが
私の周りでは実行できている人はいない。
「どうやって痩せたん!?」と尋ねられるたびに詳しく説明してるのだが・・・

「合う・合わない」というのもあるのかもしれないが、
深く理解しないうちに「無理」と決めつけて、始めようともしない
というパターンが多い気がする。

なので、ここに詳しく書いてみようと思う。



ちなみに13kg減ったといっても、元がすごかった(^_^;)。
とても数字を書く勇気はないが・・・エクセルで付けているグラフはこんな感じ。
c0018617_130503.jpg
目標はあと7kg減。
最近ちょっと停滞気味だが、とにかく普通のダイエットのようなストレスがないので
やけくそモードになったりすることは全くない。
焦りもない。このまま続けていればゆっくり減っていくだろう、とのんきに構えている。


「ウェイ・ダウン法」を知ったのは、去年の12月1日。
11月中旬に放送された「世界仰天ニュース」で紹介されていたこの方法を姉から聞いた。

幼いころから肥満児だった私は
もうこの歳になると「一生続けられる方法でないと無理」と
どんなダイエット法を聞いても始める気にもならないほど諦めモードだった。

姉から聞いた時、この方法に興味を持ったのは、
「太りすぎで子どもを持てなかった夫婦が、二人ともダイエットに成功し
2人の子供に恵まれた」ということ。

2人の子供に恵まれた・・・ということは、
数年持続できる方法なんだな・・・と思ったのだ。


ダイエットのモチベーションが数年続くなんてことは普通あり得ないことだと思っている。
だからこれは普通のダイエットとは違うかもしれない、と思った。


そして方法はいたって簡単。

「お腹がすいた時にだけ」
「少量食べる」


この二つを守ること。
食べるものは何でもいいらしい。


全く何の準備もなく始められるので、早速次の日から開始した。

そうすると、面白いように減り始め、最初の一か月で4.5kg減。

しかも、「お腹いっぱい食べられない」ということにストレスを感じるのかと思いきや、
全くと言っていいほど感じない。



普通ダイエットと言えば、
「ああしてはいけない」「こうしないといけない」と、「いけない」のオンパレード。

しかしこの方法は
「お腹がすいたら食べてもいい」「何を食べてもいい」
と思っていられる分、気持ちがものすごく楽なのだ。


1回の食事量が少ないことに、もっと不満を感じるのかと思っていたが、
続けているうちに「満腹感」を「不快」だと感じるようになった。




長くなるので、続きは「その2」で。
[PR]
by kunimanga | 2008-05-24 02:07 | その他
2008年 05月 22日
ちょこっと・・・予告 「目からウロコのダイエット法」
「鈴木さんを偲ぶ」記事をどこまで書くか、少し悩んでいるが
鈴木さんとのメールのやり取りを読み返していると、
「ブログに載せたい」と言う気持ちになるのでまだ続けようと思う。


ただ、ここを見に来てくださってる方々の中には
もっと違う内容を期待している方もいらっしゃると思うので、
鈴木さんの記事を終える前に、以前から載せようと思っていたネタを
少しずつはさんでいこうと思う。


とりあえず、

★ポンデリングのレシピはなぜ未完成のままなのか
★ホットサンドメーカーを熱く語る!記事はまだ???


という意見が多いと(たぶん)思うのだが、


私のブログのテーマ
「誰かの役に立つ記事を!!!」という思いから、
最近ずっと載せたいと思っていた

「目からウロコのダイエット法」

について、近々載せようと思う。




私は小さいころから肥満児だった。

小学生の時は開き直っていた。
中学生ごろになって、「このままでは青春はない」と思い始め、
それから高校~青春時代~結婚前まで、
恋をしては無理なダイエットで痩せ、失恋してはリバウンド・・・
の繰り返しだった。



出産してからは、母乳を与えている時期だけは食べても太らないという
夢のような体質だったが、末っ子の母乳を終えてからは・・・
どんどん太り、目も当てられない状態に・・・(^_^;)



しかし若いころと違いダイエットを決意してもモチベーションが続かない。

そしていろんなダイエット法を耳にしても、
「普通の体質の人が3kg落とす、というのと訳が違うから(もとが肥満だから)
一生続けられる方法でないと無理」


と思い、どんなダイエット法も一生続けられそうになかったので
ダイエットを始めもしない・・・という状態が数年続いていた。




そんな私が、

一生続けられると思えるダイエット法に出会い、
半年で13kg落とした。


まだ、普通の人よりは太いけど。

今までのダイエットと違い精神的苦痛がないので、リバウンドの気配が全くない。

私にとっては「夢のよう」な「目からウロコ」のダイエット法。
お金も全くかからない。



ただ・・・・・・、合う、合わない、があるのか、
知り合いに広めまわっているけど実行できている人はいない。

でも私は一生続けられるこの上なくストレスが少ないダイエット法だと思っている。



小さい頃から
「明日の朝起きたら普通体系になってたら…」と何度願ったことか。
「太っている」コンプレックスに、どれだけ人生を左右されてきたか。


よくあるダイエットの広告の文句のようだが
本当に人生が変わった。
性格まで変わった気がする。






そのことについて、次回詳しく書こうと思うが、

とりあえず「ウェイ・ダウン法」という方法ということだけ書いておく。
(検索すれば色々出てきます)





答えているときりがないと思うので、申し訳ありませんが
ダイエット法に関してのコメントは受け付けません。
そのかわり、次回この上なく詳しく書くつもりなのでお許しください。

[PR]
by kunimanga | 2008-05-22 08:30 | その他
2008年 05月 02日
鈴木さんを偲ぶ…スポンジレシピ本が出来るまで その1
鈴木さんが亡くなられたことを いまだに実感できないでいる。

私に出来ることは何かと考える・・・・・・

精一杯の思い付きは、スポンジレシピ本ができるまでのメールのやり取りから、
鈴木さんの人柄、この本に対する思い入れがより感じられる文章を抜粋して載せること。


これから、何度かに分けて載せていこうと思う。



以下、赤字が私のメール青字が鈴木さんからのメール。
毎回毎回が、本の内容についての超長文だったがこれはほんの一部分。


1月12日

ご連絡いただきまして、ありがとうございました。メールの文面を拝見いたしまして、ホッといたしました。
<略>
長文になってしまい、大変、申しわけありません。いろいろお伝えしたいことが山ほどあって、書き散らしてしまいました。どうか、よろしくお願いいたします。



1月12日

詳しいお話を聞き、どんどん実感がわいてきました。
すごいですね~!ほんとに本になるんですね~!!!!!!!
<略>
などを、「漫画」にしてみたら面白いのではないかと思ったのですが
いかがでしょう?

ブログにも結構詳しく書いてるつもりですが
やはり文字数が多いと全部読まない人もいるようで、
ブログに書いてることを質問されたりします。

「漫画」ってとっつきやすいですよね。
<略>

レシピ載せてるブログとか多いけど、
みんな、すっごくオシャレというか、洗練された感じですよね。
(サイト全体の雰囲気が)

・・・・・私、そういうセンス皆無なんです(汗)

「オシャレなレシピ本」は私のイメージじゃないな~ってことで、
かえってオシャレ路線の反対を行って
漫画で面白おかしく、わかりやすく・・・のほうが
レシピ本としては逆に新鮮じゃないかなって思うんです。


1月12日

 漫画のページは、先程、拝見いたしました。これほど漫画が描ける方だとは思いませんでしたから、びっくりしています。ぜひ漫画を描いてくださいね。

 それから、ご心配なさっていたおしゃれな本のイメージですが、私は全然、そんなことは思っていませんでした。何せ、この前のクリスマス・ケーキを作った際、21cmの型で抜いてあまった部分のスポンジを娘が手づかみで「おいし~い」「もっとないの?」と言いつつ、ほとんど食べてしまったくらいですから。本当に美味しいものは、本能を目覚めさせます。そのくらい、あのスポンジは美味しかったのです。シロップをつけずともしっとりしていて(あのシロップをつけると、甘いスポンジがまずます甘くなるので、私はこれまで100%のオレンジジュースを塗っていました)、焼き色がついた部分も堅くなくて、本当に衝撃的でした。昨年、私が作ったケーキの写真は、添付してお送りいたしますね。スポンジの写真は撮っていなくて、残念ですけど、「くにまんが」さんには本当に感謝しています。


 邦子さんがおっしゃるように、おしゃれなお菓子の本というのは、見分けがつかないほど世の中にたくさんあります。こちらはアイデアと味の良さと等身大の著者の姿で勝負いたしましょう!! 



1月14日

 ご連絡が遅れて、申し訳ありません。昨日は持病のバセドウ病が悪化したみたいで、午後から今朝まで寝続けていました。いまはすっかり疲れもとれ、元気です。

話し合うことはいいことですよね。いっぱい話し合いましょう!!


1月14日

それから、私が邦子さんのブログとメールを拝見して、なるほどと思っているのは、どの料理研究家もパティシエも書いていない小麦粉の種類の違いを、主婦の目から厳しく選別し、それを実践していることです。<略> だから、ほかの本との差別化のためにも。小麦粉の種類についてもきっちり書いてほしいのです。

どんどん面白いアイデアが出てきて、とても楽しいです!!



1月16日

くにまんがさんのブログの「出版話」、拝見しました。皆さんからのあたたかい励ましのコメントもいっぱいで、嬉しくなりました。ほかの本作りと比べてみても、出版までには十分、時間がありますので、あまりパニックにならないで、お互い楽しみながら本を作っていきましょうね。

  私の反省点としては、これまでのくにまんがさんのブログの記事やコメントを含めて、全部、読むようにいたします。まだまだ読むのが抜けていたことがわかったからで、同じことをくにまんがさんに聞くのは失礼だなあ、と深く反省しております。また、皆さんからのコメントも、読者からの生の声と同じですので、どういうところを本作りの上で工夫すればよいかの大きなヒントになると考えています。


1月17日

私も長くなってしまい、申し訳ありません。でも、寝不足はいけませんよ。体が第一、その次に美味しい生活があると、最高ですものね!


1月19日

神戸新聞の記事、拝見いたしました。私の娘に感じがよく似ていて、まるで身内のようです。私の娘も将来、漫画家になりたくて、今、学校でまんがクラブに入っています。くにこさんとは遠くて、なかなかお会いできないと思いますので、私と娘の写真、添付しておきますね。アゲハチョウの漫画も、くにこさんの人柄がよく出て、すごくいい漫画だと思いました。あとで五月書房の皆さんにもあの漫画のこと、話しておきます。

 くにこさんのスポンジは、日本人が身近な材料で作れる簡単でとってもふわふわのスポンジですから、自信を持ってがんばりましょう! 子ども達も「美味しい!」「すっごくふわふわだ!!」と喜んでいました!


1月23日

ご連絡が遅れまして、またもや申し訳ありません。今度は初校ゲラ(気象庁の、世界でもトップレベルの黄砂研究者の本です)が出てきたのと、もう一つ急遽、原稿の直しが入りまして、てんてこ舞いの忙しさになってしまいました。ただもう一本、入稿原稿が控えていますから、今後もしばらくの間、間隔があいたメールになってしまうかもしれませんが、少しずつくにこさんのレシピを実践して作っていこうと思っていますので、どうかご容赦くださいね。


1月31日

  一週間ほどご連絡してなく、本当に申しわけありません。三本の原稿の目途がようやくついたところです。報告したいことは山ほどあったのですが、先日のくにこさんからのお優しいお言葉につい甘えてしまいました。ごめんなさい。



2月1日

 それから、くにこさんもメールのお返事はゆっくりで結構ですよ。お忙しい時はゆっくり休んでくださいね。私は去年の四月に倒れた時は意識不明五日間、医者からは「もうだめかもしれない」と宣言されていたとのことです。後悔しても、後の祭りですよ。入院した病院のベッドでつくづくこう思っていました。でも、わくわくする本になりそうですね!!



2月1日

私の場合肉体的には全然大変でも何でもないんですが
男の子3人を育てることで非常に精神的に余裕がない状態です・・・
本当に・・・
もう嫌になって投げ出したくなったり(最低な親ですね)
おかしくなりそうなときがあります。

こんなにスポンジを研究しまくったり雪割草に凝ったりするのって、
育児から逃げてるのかもしれません(^_^;)
子育てが辛すぎて、「楽しい」と思える趣味に目を向けてないと、
やってられないって感じです。

罰当たりですね…

もっと子どもに目を向けないと。



鈴木さんは娘さんととても良好な関係のようで
ほほえましいです。

娘さんのためにもくれぐれも無理だけはしないようお気をつけくださいね。


ちょっと愚痴っぽくなってしまいすみません(^_^;)



2月2日

いろいろ母親というものは大変ですよね。でも、くにこさんの場合、精神的にはもっと余裕があるような気がしますよ。
<略>
実際、うちでも、問題はあります。ようやく今の三学期になって解消しつつあるのですが・・・ <略> いま私が気をつけていることは、自分の娘だろうと、よその家の子どもだろうと、悪いことをした時にはきちんと叱るか注意をするようにしていることです。逆に、よいことをした時には、どの子にも褒めるようにしています。私が悪かった時には、同じように謝っています。そうしないと、子どもから信頼されないですから。たまにうちの娘がごねて言うことを聞かないでいると、周りのお友達が私の味方になって説教しているシーンがあり、おかしくってたまらない時があります。持つべきものは友ですよね。


2月3日

>くにこさんの場合、精神的にはもっと余裕があるような気がしますよ。

いえいえ・・・ホームページ自体は何年も前に作ったものですし、ブログの記事というのは精神状態がいいときにしか書きませんから・・・
実際は結構いっぱいいっぱいなんです(^_^;)
それも波があるんですけどね。

鈴木さんも色々と悩みを抱えておられるんですね。
どこの家も、外から見てるとわからないけど色々あるものなんでしょうね。
子育てって本当に難しいです。
お互い頑張りましょうね!




続く・・・
[PR]
by kunimanga | 2008-05-02 23:27 | その他 | Comments(2)
2007年 11月 09日
ちょっと感動!!!!!!!!!!!!
キヤノンのデジカメで
「AF枠が大きすぎで、スポットAF機能もないので不便!」と
メーカーにメールを出したことがあった。

詳しくはこの記事。
も~~~っと詳しくは、価格.comのこのスレッド。

デジカメはどんどん新しいのが出るので
「買い替えたい病」が出ないように新機種チェックはしないようにしているが、

久々に見てみたら、
うぉ~~~~~~~~!!!!
進化しとるぅ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

単三2本で10倍ズーム機が出とる!!!!!!!!!
c0018617_0381429.jpg

でも・・・ファインダーがないのは私にはかなり不便かも・・・
形も好きじゃない・・・
高感度も1600では物足りない・・・




・・・さらに進化するのを待とう・・・




・・・ん?

c0018617_1383524.jpg
    (↑キヤノンのサイトより)

おお!!!!あの時の私の要望が!!!!!!!!!
いや、私だけではなかったのかもしれないけど!

ちょっと感動した。
[PR]
by kunimanga | 2007-11-09 00:42 | その他 | Comments(0)
2007年 02月 13日
勝手に紹介&お礼 その2
勝手に紹介&お礼で紹介してからも
「目からウロコのスポンジレシピ」について書いてくださってるブログ記事を探してみると・・・

ものすご~~~~~~くたくさんあって、びっっっっくり!!!

一気に紹介します!!!

■☆スポンジの神は舞い降りた☆■(「ぐるぐる好きなもの倉庫」さん)
くるくるロールケーキ!!(「☆ぴゅ~っ風のふくままの毎日☆」さん)
1日遅れのケーキ。(「2人暮らし、9年目」さん)
ハナタレクリスマス(「こざる生活」さん)
オドロキのレシピ・・・。(「coco's diary」さん)
Dear WOMAN(「Happy Painting!」さん)
不本意ながらX'masケーキ(「きままにごはん」さん)
クリスマスイヴなので・・・(「NIKO-BLOG★」さん)
目からウロコ~~~;□;(「petit *chou」さん)
ロールケーキ(「ばたふらい工房」さん)
スポンジケーキ作りまくり(「給食ばんざい!」さん)
ロールケーキに挑戦中。(「子ども達との食卓」さん)
暮れのひと休み・・・(「平凡主婦のひとりごと。。。。」さん)
いちごのロールケーキ(「隣のOL日記」さん)
目からウロコのスポンジケーキ(「Y's 天国 ~ちょびと愉快な仲間たち~」さん)
ケーキ作り♪(「お気楽ママのお気楽ブログ」さん)
さつまいもクリームロール(「ちょころぐ」さん)
スポンジ焼けたよ♪(「のんびり暮らそう♪」さん)
たーたーたらたっ経。(「となぶろぐ」さん)
ふわっふわロールケーキ(「涼はんの毎日」さん)
ほんとに魔法かも・・(「my simple life」さん)
今日のおやつ(「リーくんの生活」さん)
ロールケーキ(「トット's Room」さん)
ロールケーキ~☆・:.,;* (「私の好きなもの☆」さん)
魔法のスポンジケーキ♪(「ロックな育児」さん)
究極のスポンジケーキ(「Makan Makan 日記」さん)
今日の食事(12月28日)(「肥満手術・・・人生最後の減量日記」さん)
最高のクリスマス♪(「かっぱの操気弾」さん)
目からうろこ?(「趣味の小部屋」さん)
目からうろこのスポンジを広めようって!(「mewx2's room」さん)
気合いのクリスマスイヴディナー。(「酒と泪と男とごはん。」さん)
絶品 フワフワスポンジ(「今日もかあちゃんしてる」さん)
クリスマス前ですが(「富士見パソコン部」さん)
黄金のロールケーキ(「毎日の生活を楽しく」さん)
「目からウロコのスポンジ」(「迷路を散歩する」さん)
目からウロコのスポンジでロールケーキ作成(「てんてこ育児日記」さん)
ロールケーキ(試作品壱号)(「Two Steps Behind」さん)
エビフライドッグ&バナナケーキ(「I LOVE BREAD」さん)
超簡単キメ細やかスポンジケーキ(「トトロの家」さん)
2006年の (・∀・)イイ!お買い物 ーお菓子作り編ー(「まいにちがにちようびーいも汁ブログ日記ー」さん)



ブログを持ってない人、ここにコメントしない人でも実行した人はかなり多いと思われる。
天ぷら粉「黄金」は急に売り上げが伸びているに違いない(笑)

ちなみに天ぷらに使うにも「黄金」は最高です!
冷水なんて使わなくても、こねまくっても練りまくっても、サックサク~~~!
(特にインゲンが最高~~~)
[PR]
by kunimanga | 2007-02-13 00:15 | その他 | Comments(11)
*