<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2006年 10月 18日
鶏ハム(鳥はむ)に感動
なんか私って食べ物に感動ばっかりしてるなあ(^_^;)

しかしこれは本当にオススメ!!!!!!!!!!!!!

ネットでレシピ見るのが好きな人なら一度は見たことがあるかもしれない。

あの、「安い、パサパサ、あんまり使い道ない」と今までちょっとバカにしていた(笑)
鶏の胸肉が、ハムに!!!!!


詳しくはこちら↓
【鳥はむ】まとめページ
鳥はむスレッド ガイシュツリスト


大まかに言うと、ハチミツを塗りこみ塩を多めにまぶして2日間つけておいて低温でゆでる。

それだけでハムの出来上がり。

もちろん「豚肉のハムそっくり」とまではいかないが
「鶏むね肉だとは思えない」味になる。

しかも!!!
「ゴールデンスープ」と呼ばれる、ゆで汁のおいしいこと!!!!!!!



このゆで汁で小さく切ったじゃがいも、玉ねぎを柔らかくなるまでゆでて
ゆでてる間に煮詰まるので調味料は足さず
牛乳とちょっぴりの生クリームを足す。



なウマさのスープが出来た。

子ども、大喜び。

化学調味料ゼロのホンモノのウマさ。
あの胸肉にこんな旨みが秘められていたなんて・・・
本当に感動。これを知らない世の中の人すべてに教えてあげたい。
そのくらいおいしかった。




ちょっとサラダに入れたいとか、焼き飯に入れたいとか思っても、
グラムあたりの値段が高いと言う理由で今まで買う気がしなかった、ハム。

これからは鶏ハムで代用できる♪

そしてニセモノじゃなく本物の旨みたっぷりのスープを子ども達に日常的に
食べさせることが出来る。

うれしぃいい~~~。
ネットよありがとう。


AllAboutのこのページによると、ラップでくるんでゆでたり、焼いたりすると旨みが閉じ込められてさらにおいしいらしい。

ゆで汁があんなにおいしいんだもんな。納得・・・
今度やってみよう。
[PR]
by kunimanga | 2006-10-18 23:45 | ★手作り★ | Comments(33)
2006年 10月 17日
エレクトーンステージを終えて
今年先生が選んでくださった曲はバレエ曲。
「コッペリア」と言うバレエの中の「マズルカ」。
CD聴いてみると・・・・・・・

・・・好み!!!!!!!!


バレエ・・・観たことないけど、「コッペリア」は調べてみると
バレエの中では有名な方で、「白鳥の湖」とは全く違ったコミカルな喜劇とか。
へ~、バレエも色々なんだな。

曲を演奏する上で「イメージ」ってとても大切なので、
どうにか子ども達にこのバレエを見せられないかな、と思ったが
DVDは高いし、レンタル屋にも図書館にもない。

が、本番間近になったときにYouTubeで発見!!(YouTube万歳!!!)

「コッペリア」より「マズルカ」
YouTubeには悪質な広告が多いので注意しましょう!
特に「エラーが発生しました」と言う表示に注意!騙し広告なので無視しましょう!
要は、「あなたのPCにウィルスが入ってます」とか騙して偽ウィルス対策ソフトを売りつけるものなので、騙されて購入手続きをしないようにしましょう!



バレエというより、「ダンス」って感じですごく楽しそう~!!!

ほんまええ曲やなあ。T先生選曲最高!!




さて本番は・・・・・
(親ばかだけど載せます(^_^;)後半部分のみです)
「コッペリア」よりマズルカ(ドリーブ)

(画像クリックで、別窓が出ます。その別窓で、再生ボタンを押してください)


細かいミスが時々・・・、あと、いまいち揃ってないところがある・・・かな、
でもこの年齢ではよくやったと思う。


まだ2年生なのに主旋律になる「ストリングス」のパートを弾いた、Yちゃん。
正直、今回楽譜をもらったとき「Yちゃんにこのパート弾けるのかな?」と心配になったけど
どんどんどんどん上手になって、最後には一番完成度が高い仕上がりになった。
ものすごい練習量だったのだと思う。
幼い手で強弱も抑揚もつけて、全身を使って一所懸命弾く姿に
おばちゃんは何度も目頭が熱くなったよ…つД`)

それから、小さな手で飛びまくるメロディーを必死に弾いたフルートのHちゃん。
先生に注意された箇所を、他の子が注意されてる間にボリュームを小さくして何度も何度も
弾き直して練習してた。偉いなあ~~~

シンバルと言う役目にきっと最初はガッカリしただろうに、
決して手を抜かず一所懸命叩いたMちゃん。
何度も腕が痛くなったことだろう。

そして・・・・・・・

嫌だ嫌だといくら泣いてもゴネても(私に力づくで)練習させられ続けた、長男。
年齢も上がってきて、無理矢理させるのももう限界かなあと何度も思った。
朝のレッスンで大喧嘩して学校に送り出したあと
つっぷして大声で泣いたこともあった・・・・・・・
でも本番では、体もちゃんと使って心を込めて弾いてくれた!
ありがとう、T。

はじめてのエレクトーンステージ出場に張り切り、
私が長男にかかりきりでほったらかしだったのに自分で楽譜を読み一人で練習した、次男。
(長男と次男の性格足して2で割りたいと何度思ったか・・・)
次男にとっても晴れ舞台なのに、どうしても声かけが長男の方に多くなってしまって
きっと寂しい思いをしただろう。
練習のときも舞台でも、笑えるほどノリノリで弾いてくれた。



あと、このときだけ合同で練習するからあまり話したことがない、もうひとつのクラスのみんな。



みんなよう頑張ったな・・・(´ДÅ)




大人の私の目から見て惜しいと思ったのは・・・

先生の指摘はどれもこれも的確で、もし先生のおっしゃるとおりに出来れば
完璧な演奏になるのに、やはり子ども達には理解しがたいのか、
それとも、子ども達にそこまでの情熱が無いのか・・・・

先生が何度も同じ指摘をしてもなかなか完璧に直してくる子はいなくて、
「出来上がって」無い状態で本番の日が来てしまったこと・・・


どうも、今の年齢ではまだまだ子ども達には「気持ち」が足りなくて
親の気持ちが空回りしてしまっているっぽい。

が、今回「賞をとれなくて悔しかった」と言う思いがそれぞれにあったようなので、
こうやって回を重ねるごとに「頑張ろう!」と言う気持ちを子ども達自身が
強めていってくれたらいいな。










しかし・・・・・・・・・


去年も少し思ったが、今年はもっと強く思った。


「エレクトーンステージ」って・・・なんやねん。

一昨年までは「アンサンブルフェスティバル」と言って、ジャンルごとに分かれてたらしいが
去年から「エレクトーンステージ」と名を変え、
どんなジャンルもまぜこぜになったそうだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






別に、「歌が悪い」と言いたいわけじゃない。
「音楽教室なのに、踊るな!」と言いたいわけでもない。

やってる本人と身内は楽しいんだろうし、
身内でなくてもそういうのに興味がある人は観てて楽しいんだろう。

私だって、「クラシックだけが音楽だ!!!」と言い張るような石頭でもない。



でも・・・・・

あまりに、違いすぎて「変」と思うのは私だけだろうか!!??


日を分けるとか、部門別にやって欲しい。マジで。


言っちゃ悪いが、クラシックorそうでないにかかわらず難易度の高いひとつの「曲」を
皆で合わせて仕上げようとするクラスと

「歌」や「踊り」付きで楽しく「合奏」する「バンド」みたいなことするクラスじゃ、
練習量と緊迫感が違いすぎるだろう。



<ヤマハのサイトより>
「エレクトーンステージは、演奏テクニックを競う「コンクール」ではなく、
ステージで楽しく演奏するイベントです。年齢、ジャンル、スタイルは関係ありません。」


・・・あ~なるほどね・・・。「楽しむ」って大事だよね・・・。


しかし・・・

気楽に楽しくやるんじゃなくて、
辛い練習を乗り越え、難しい曲を皆で合わせたい!
「テクニック」が評価される「コンクール」の方がいい!
と思うクラスもあるわけで。





去年も今年も、
「なぜこのクラスが選ばれない!!??」ということがあったので・・・。
(自分の子達のクラスではなく、誰からみても素晴らしいと思ったクラスがなぜか選外だった。
ロビーで泣いてた姿に「私はあなた達のファンです!」と声をかけたかった・・・)


審査員が、去年は一人、今年は二人と言うのも納得いかない。




正統派は、評価されなくなってる???
モーツァルト生誕250年とか、「のだめカンタービレ」のヒットで
世の中クラシックブームだと言うのに。

なんか、難易度は関係なく、派手なところが選ばれる、みたいな・・・
「ヤマハ」全体の方針なのか、この楽器店だけなのか知らないけど。
少なくとも去年と今年見た感じではそういう印象を受けた。(もちろん例外もある)




舞台で歌を歌うのもダンスを踊るのもとてもいい経験だし楽しいことだろう。
「バンド」活動、それもいいことだ。

それはそれで、別な日に、そういうグループばっかりでやってほしい。



あまりにも違うものが混ぜこぜだと、異様な感じだ。
そう思うのは私だけではないはず!!



土俵を分けてほしい!!!!
マジで!!!
[PR]
by kunimanga | 2006-10-17 02:49 | おんがく | Comments(5)
2006年 10月 02日
ギターの世界
ギターにすっかり魅せられている今日この頃。

ギターと言えば「フォークギターで弾き語り」的なイメージしかなかったが、
私が知らなかっただけで、ギターの世界ってものすごく広くて深い。

YouTubeでギター演奏動画を観まくってるのだが、
びっくりな動画を見つけた。
なんと9歳の子の演奏!


すっごいなぁあああ~~~~~~~。

こういう子を「天才少年」とかいう言葉で片付けたくない。
想像を絶する努力のたまものなのだろう。
もんのっすごい練習量なのだろう。

YouTubeで「guitar」と検索をかけると星の数ほど演奏動画が出てくる。
プロっぽい人だったり、素人だったり、おじさんだったり少年だったり、
自分の部屋だったり野外だったり、子供の泣き声が入ってたり…いろんな人がいて面白い。

愛の賛歌
カノン(押尾コータローさん)
ショパンのワルツ64-2
ショパンのノクターン2番(子供の声入り(笑))
なつかしのスーパーマリオのテーマ



最近一番感動したのは「プレイヤーズ王国」で見つけた、ある人の演奏。
「見上げてごらん夜の星を」
*PCにスピーカーをつないでない場合は是非ヘッドフォンで、目を閉じて聴いてみてください。

クラシックギターってこんなにも「歌う」楽器だったのか~。
ものすごく心に染みて、本当に涙が出た。


プレイヤーズ王国は登録して再生用ソフトをインストールしないと聴けないけど、
無料なので興味のある人にはオススメ。

こうやって一般人がネット上で自分の演奏を発表できるって素晴らしいことだと思う。
私は発表できる腕前には程遠いけど(ピアノでいうとバイエルの前半の前半くらい?(^_^;))
いろんな人の演奏を聴くと刺激を受ける。
[PR]
by kunimanga | 2006-10-02 10:19 | おんがく | Comments(9)
2006年 10月 01日
スナックパン(スナックスティック)風のパン
c0018617_0365666.jpg
スナックパンの記事を書いてから何度か試作してみてわかったことは

薄力粉の割合が多いと硬くなる。ということ。

なぜかというと、薄力粉はグルテンが少ないので普通のパンより水分を少なくしないと
生地がベチャついてまとまらないのだ。

スナックパンは、食感から想像するに強力粉と薄力粉の割合が半々に近いんじゃないかと
思っていたが、それだとかなり水分を少なくしないと成形できるような生地にならず、
結果、すっっっっごく硬くなってしまった。


強力粉を多く、薄力粉を少なくするとあのぽそぽそ感というかさっくり感というか・・・
普通のパンらしくないあのスナックパン独特の食感から遠ざかるんじゃないかと思ったが、
試してみるとそうでもなかった。


★★★うまく出来た配合★★★

強力粉     230g
薄力粉       70g
砂糖         60g
マーガリン      60g
スキムミルク  大さじ1
ドライイースト 小さじ1強
塩       小さじ4分の1
牛乳       180cc


・・・・これ、粉300に対してマーガリン60gだからパンとしては非常に油が多いんだけど、
実際食べ比べてみると、パスコのスナックパンはもっと油が入ってそうだ。

c0018617_0375237.jpg袋の裏側。パンに触れたところ、油の型がついている。

1本あたり脂質4.7g。
上記の配合で16本出来たから、このレシピだと1本当たりマーガリンは3.75g。
あと、牛乳、粉に含まれる油分と合わせてもパスコのよりは少ない。


パスコの味に近づけるには、もう少し油分を入れる必要がある。
でも、別にこれで充分おいしいんだし、これでいいと思う。

「ソックリを目指す」つもりで作り始めたが、「似たもの」でおいしければいいや。
わざわざカロリーを増やさなくても、これでも充分こども達は大喜びで食べてるし。


*というわけで、もっと本物そっっっくりにしたい!!!と思う方のみ
バターまたはマーガリンを増やしてみてください*
その場合は水分を減らすのをお忘れなく。
(ちなみにサラダ油を入れてみたらすごくサラダ油くさくなったのでやめた方がいいです。)


その他の工夫

★卵を入れてみたがなんだかパサついたので無しにした。
★練乳を入れるとよりミルキーでリッチな味かもしれないが
 牛乳+スキムミルクでごまかした
★原材料には水あめとか膨張剤とか入ってるがあえて
 水あめもベーキングパウダーも入れず出来るだけシンプルな材料で出来るようにした


作る上での一番の注意点は、水分のコントロールに気をつけること。

私の場合柔らかいパンが好きなので、このパンに限らずパンを作るときはいつも
二次発酵前にしっかり霧吹きで水をかけ、焼く前にも霧吹きで水をかける。
オーブンシートにも水滴がいっぱいついた状態にして焼く。
焼きあがったら、一息置いて(まだかなり熱い状態、荒熱が取れる前)にビニールをかける。

こうして水分の蒸発を出来る限り少なくしてやわらかいパンにする。


スナックパンの場合細長いので特に水分が蒸発しやすい気がする。

もちろん硬いパンが好きならこんなことする必要はないが。

パスコのスナックパンよりヤマザキのスナックスティックの方が硬い気がするが、
この辺の違いだろうと思う。
[PR]
by kunimanga | 2006-10-01 01:19 | ★オリジナルレシピ&裏ワザ★ | Comments(18)
*