誰かの役に立てば…という思いで書いてます。
by kunimanga
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ:お菓子作り ( 5 ) タグの人気記事
2013年 01月 20日
大判焼
たい焼きと違って一度に4個焼けるのは嬉しい♪

c0018617_9212913.jpg


レシピはたい焼きと同じ。
このレシピにお世話になっている。
Cpicon 生地から作るたいやき by 鴨やん

理想に近いけど、「御座候」とは少し違う。また研究してみよう。
[PR]
by kunimanga | 2013-01-20 09:28 | Comments(13)
2012年 03月 17日
卓球クッキー(スノーボール)
c0018617_1671932.jpg
バター 80g
薄力粉 140g
砂糖  35g

食紅、ココア   適当
粉砂糖   適当


バターをレンジ「解凍」で液状に溶かし粉と砂糖を入れてコネコネ。
160度で20~25分、焼き色がつかないように低温でゆっくり焼く。
水分が入ってないのでこねてもサクサクのクッキー。
c0018617_1673622.jpg
c0018617_1674829.jpg
c0018617_1675966.jpg

ピン球がでかい(笑)

スノーボールだから粉砂糖をまぶしたけど まぶさない方が良かったかも?
[PR]
by kunimanga | 2012-03-17 16:11 | Comments(2)
2012年 03月 02日
求肥(ぎゅうひ)と生チョコは合う!!!
c0018617_645766.jpg
ブルボンの「もちしょこら」を食べたことない人は是非食べてみてほしい!!!
 
いちご大福の作り方を調べていて知ったがあのいちご大福のおもちは「おもち」でなく
「求肥(ぎゅうひ)」というものらしい。


アイスの「雪見大福」や その他和菓子等に結構使われている、おもちでも団子でもない
甘く柔らかいおもち風のもの。

あれは、白玉粉と砂糖と水を混ぜてレンジでチンして練るだけで出来るというのを
いちご大福を作った時に知った。
 

 

その求肥と、チョコが合う!!!

「もちしょこら」の前に数年前に「ちょこづつみ」というお菓子が出ていて
それを食べた数年前からずっと作ってみたかった。
 


この間その数年越しの希望を急にかなえたくなって、レシピを調べてみたら、やっぱりあった。

Cpicon 生チョコ大福☆ by ちばたま

作ってみたら、めっちゃおいしかった~~!!!
 
c0018617_6533676.jpg

まともな写真をとる前に無くなってしまった・・・
 
 
[PR]
by kunimanga | 2012-03-02 07:02 | Comments(0)
2009年 08月 24日
おためしあれ!お店のようなパウンドケーキ
家で作るパウンドケーキって舌触りが悪いと思った事ありませんか?

パウンドケーキを作るとき、
粉を入れてから「ゴムべらでサックリ切るように」
と大抵のレシピに書いてあるけど、

ゴムべらに持ち変えず、泡立て器のままで思い切り練りまわして混ぜてください。


その方が絶対おいしいパウンドケーキになるのです!!!!!

バターがたっぷり入った生地はなぜか粉を入れて練りまくっても弾力が出ません。


「切るように混ぜる」方法では、舌にざらつく食感になります。
練りまくったパウンドケーキは、舌に滑らかな食感になります。

ずぇひお試しを!!!!!!

※あっもちろん、粉をふるう必要なしです!!!




ちなみに私の場合

基本配合

バター  100g
砂糖   100g
卵     L2個
薄力粉  100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2


これを気分によってアレンジします。


ホロっとさせたい時は粉の一部を浮き粉に替えるとか
しっとりどしっとさせたい時はアーモンドプードルに替えるとか。
[PR]
by kunimanga | 2009-08-24 10:33 | Comments(23)
2008年 11月 14日
シフォンケーキのコツと私流手抜き法
シフォンケーキは水とサラダ油を入れるから簡単に柔らかいものが出来る。
スポンジとは違う独特の弾力のある食感がおいしい。

シフォンケーキを作るとき注意することは

★「エコナ」を使うとふくらみが激しく悪くなる
  エコナには泡を消す作用があるらしい
★「黄金」天ぷら粉やタンパク質の少ない薄力粉を使うとぱさついて硬めになる  
  なぜかはわからないけど実験済み。なので「フラワー」など普通の薄力粉を使う。

その他意外と多い失敗が「大きな穴があく」ということだと思うのだが
これは泡立てた卵白と卵黄生地を合わせるとき
「泡をつぶさないように」と注意しすぎて混ぜ不足で焼いた場合になりやすい。
※混ぜ不足の生地=とろみが少なくモコモコした感じ
c0018617_19315299.jpg
とにかく泡が消えるのを恐れすぎずある程度とろみが出るまで混ぜた方がいい。

とはいっても混ぜすぎると泡が消えすぎてふくらみが悪くなってしまうが…

配合にもよるだろうが私の混ぜ終わりのトロミの目安は
「型に流し入れるときに無理なく落ちていき、最後すこ~しならす必要がある程度」かな?


その「卵黄生地と泡立てた卵白(メレンゲ)との合わせ方」だが・・・
大抵のレシピには
「メレンゲの1/3量をまず卵黄生地に入れ泡立て器でよく混ぜたあと、
残りのメレンゲを入れてゴムべらで切るように混ぜる」

と書いてある。

私はこれをこんな風にやってしまう。
c0018617_2033932.jpg
最後、「切る」だけでは端の方が混ざりにくいので大きくぐるぐるっと混ぜる。
型に流し入れるのにどっちみちゴムべらを使うので、③のところゴムべらでやる時もある。



もう一つの手抜きは、「粉ふるい」。
「卵黄+サラダ油+水」のところに粉を入れて
「練り混ぜる」わけだが、粉ふるいをせずに粉を入れても全然ダマなんかできない。
配合にもよるだろうけど。


ちなみに私の配合。

<18cm型用>

卵       M5個
砂糖     100g
サラダ油   60cc
水       60cc
バニラエッセンス 少々
薄力粉(フラワー) 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

この配合だと粉をふるわなくても大丈夫。
[PR]
by kunimanga | 2008-11-14 20:23 | Comments(22)
*