タグ:ギター ( 36 ) タグの人気記事
2010年 09月 09日
はじめての二重奏 TICO TICO
以前この記事で紹介した曲に、無謀にも挑戦!!!



ゆっくりだし間違いだらけだし音汚いけど、ギターを人と合わせるのは生まれて初めて。
楽しかった!!!
 


「TICO TICO」

調べてみたら、

"ティコ・ティコ"は雀に似た小鳥で"フバ"はトウモロコシや米など穀物の粉のこと。
アロイジオ・デ・オリヴェイラによる歌詞は、一生懸命に粉を挽く農民と、その粉を次々に食べてしまうティコ・ティコの様子をユーモラスに歌ったもので、
いわばブラジル版「権兵衛が種まきゃカラスがほじくる」といったところ。


小鳥かあ・・・私が弾いたら全然小鳥じゃないなあ(^_^;)

 


たぶん今 人生で一番忙しいとき。
いろんなことでいっぱいすぎて、自分の趣味は削るべきかなあと悩むことも多いけど、
どーしてもやめられない私は贅沢だなあ・・・。
でもこういう姿見せるのは、子どもにいい影響はしてると思う。


週に1~2時間しか練習時間が取れなくても、
細々と続けていたら 全くやらないよりは絶対いいだろう。


数十年たって 今よりずーっといろんな曲をスムーズに弾けるようになってたら、
あー続けててよかったと思うだろう。


これからも細々とガンバろ~。




★AKIRA先生ありがとうございました!


★井上昌ギター教室HPはこちら★
[PR]
by kunimanga | 2010-09-09 13:54 | Comments(14)
2010年 05月 12日
細く長く で ええやん 
(カルカッシの教則本より カンタンな練習曲)



クラシックギターを習っている。

けど、忙しすぎて1日に10分触る間もない状態。
ギターを触らない日も多い。

普通楽器を習うなら あり得ないほどの練習量の少なさ。
 
でもそんなペースでも、「しない」より「する」方が少しでもプラス。
 

そんな気持ちで 焦らず 苦にせず 楽しんでいきたい。
 

難易度より「好き」という気持ち。
それをいつも忘れないようにしたいな。
 



先生の演奏動画
 


 

「井上昌ギター教室」ホームページはこちら
 
 
[PR]
by kunimanga | 2010-05-12 23:14 | おんがく | Comments(6)
2010年 03月 06日
すごいふたり!!!
すごい動画。4000件以上の評価がついてます。
 
観るだけで幸せな気持ちになれます!

c0018617_1522745.jpgこの動画は埋め込み禁止してるので画像クリックしても再生されません、

 ★ここ★ 
をクリックしてください。


 
テクニックももちろんだけど、笑顔がサイコー!!!
 
[PR]
by kunimanga | 2010-03-06 22:58 | Comments(4)
2009年 06月 23日
見上げてごらん夜の星を/押尾コータロー
これ練習中


[PR]
by kunimanga | 2009-06-23 06:50 | Comments(2)
2009年 06月 06日
次男の「この1本」はHeadwayのHCL-45S
4年生の次男のために、
★スケールが620~630mm
★ボディが細め
★14フレット接続
★予算2~3万

のギターをネットで探しまくり、決めたのは HeadwayのHCL-45S
c0018617_03683.jpg
スケール : 628mm
トップ単板(スプルース)


このほかに条件を満たすものとして
c0018617_0384882.jpgc0018617_0404973.jpg
AriaのADL-05や、                   TakamineのSAP03
があったのだが(どちらもスケール630mm)

ADL-05はあまりにもウエストがくびれすぎて抱き心地悪そう、(勝手な想像です)
SAP03は、形は正直HCL-45Sより気に入ったんだけど、ネット上に評価が見当たらなかったので
あちこちでやたら誉め言葉を見かけるHeadwayのギターにしてみようかと…。

本当は実物を触って音を聞けたらいいんだけど何せ超ド田舎。これらのギターがそろっているお店を探す交通費だけでギター1本買えてしまいそう。


というわけで・・・次男にとってのはじめての「まともな」ギター、Headwayがやってきた。




弾いてみてビックリ!!!

サイズを超えた音量、価格を超えた質とかどこかに書いてあった気がするが確かに!!!!!


今まで弾いていたギターがあまりにも安物だったからかもしれないけど(笑)

「木の箱で響いている」感が、抱えているお腹に伝わってくる。


深みのある響き。心地いい!!!!!




3万出して、もし違いがわからなかったらショックだなあ、でもまあ音の質はおいといても
ミニと普通の中間サイズのギターが本当に欲しかったので(次男のためと言いつつ私がかなり欲しかった)
もし音の違いがわからなくてもこの先メインギターとして触っていくだろうから無駄な買い物ではないと思っていたが・・

違い、私も次男もわかりまくった。次男も「めちゃ響く!鳴る!」と言って喜んでいる。


よかった~~~~~~




次男、Youtubeアップできるように頑張れよ~。
[PR]
by kunimanga | 2009-06-06 01:12 | Comments(0)
2009年 05月 31日
次男の「この1本」選び


次男が↑この動画で弾いているのはS.YairiのYM-16。
ミニギターなのでスケール(=「弦長」・・・弦がピンと張っている長さ)が、普通のギターより短く、
その分張りが緩いので押さえやすい。フレットの間隔が狭いので小さい手でも弾きやすい。

が、緩い分音程が不安定。特に低音。
(これはブリッジを削るとかトラスロッドを回すとかして弦高を下げるとか、
もう少し硬めの弦を張るとかで改善されると思う)

そしてやっぱり音が薄っぺらい。





押尾コータローのコンサートに一緒に行った次男…

誕生日はやっぱり「ギターが欲しい」と言い出した。



うん・・・あんたにやったらちょっとまともなギターこうて(買って)やりたいなあ。





今我が家にあるギターは

★アコースティックギター★

◆S.Yairi YM-16・・・・・・オークションで1710円
 スケール590mm。定価もそんなに高くないお手頃ミニギター。

◆Sepia Crue F-170・・・オークションで1700円
 スケール645mm。中国製安物ギターの代表?フォークタイプのごく普通な形。

◆YAMAHA FG-151・・・オークションで3500円
 スケール635mmくらい。
 年期入ってるからか ウェスタンタイプでボディがでっかいからか、↑のF-170より明らかに鳴る。
 でも次男には大きすぎる。

★クラシックギター★

◆YAMAHA 型番不明・・・オークションで1000円
 トップが単板らしい。入手当初は気に入って弾いていたが最近は↓のミニギターを触る方が多い。

◆YAMAHA CS-40J・・・ネット通販で13000円
 スケール590mmの子ども用ミニクラシックギター。緩い分音が柔らかい。私は一番気に入っている。


ほとんどオークション、まともに買ったのはCS-40Jだけ。



次男に、まともな「この1本」を買ってやりたい・・・


・・・というより、私が欲しい(笑)。

ミニギターと普通のギターの中間くらいのものが欲しい。
スケール620~630くらいで、抱えやすいサイズのもの。


しかもこの曲を練習していて気がついたのだが、


12フレット接続のギターだとハイポジションのところが非常に弾きにくい。

次男 : 「この動画で押尾コータローが弾いとるような『えぐれた』やつが欲しい」


・・・「えぐれた」・・・(^_^;)

う~ん母ちゃんも欲しいけど、エレアコじゃないやつで「えぐれた」やつ
(カッタウェイというらしい)は最低でも5万位やな…(泣)
しかもショートスケールのやつ無さそうやし。
(エレアコは生音がしょぼいらしいので候補から外した)


「えぐれたやつ」はあきらめて、14フレット接続のものにしよう。


★スケール620~630mm
★ボディ小さめ
★14フレット接続

で、探しまくった。予算は2~3万。




続く…
[PR]
by kunimanga | 2009-05-31 07:15 | おんがく | Comments(2)
2009年 05月 16日
押尾コータローさんのコンサートに行ってきた
ものすごくよかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさか泣くとは思わなかった。


一番泣けた曲は「君がくれた時間」↓



(帰ってきて検索したらすぐに出る、Youtubeってほんま便利~!!!)

「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」っていう映画のテーマだそうで、
押尾さんは青森まで行ってその盲目の馬の前で演奏したって言う話の後で弾き始めて…


最近ずーーーっと色んなことでいっぱいいっぱいで心が疲れていた。

この曲を聴くなり 涙があふれた。めちゃめちゃ沁み込んできた。



コンサートの間中押尾さんは何度も何度も「ありがとう」と言っていた。

お話にも音にも人柄が出ていた。




押尾さん

も~~~~~ほんま こちらこそ「ありがとう!!!!!」です。本当にいい時間でした。





この曲 練習しよっ!!!
[PR]
by kunimanga | 2009-05-16 22:06 | Comments(11)
2009年 02月 26日
背伸びもまた良し?
惚れこんでしまったこの曲
楽譜が届いて早速練習開始。ものすごく苦労するかと思いきや・・・意外と弾ける!!!!!
(もちろんまだまだだけど・・・自分はもっと出来ないのかと思いこんでいたから)



「黄昏」でした背伸びが、力となっている?????


地道に練習曲を数多くこなすのが本当は一番いいに決まっているが・・・
自分のレベルに合わない曲を無理してやってみることも 意外と上達への近道なのかも???


「黄昏」と言えば…

この時期に私と同時に始めた次男
すぐに飽きるのかと思ったら、ずーーーっと弾いている。
基礎が出来ていないから音汚いけど。
習ってないのにこれだけ弾けたら上等???(親バカですみません)



この次男、タブ譜の見方を教えただけなので、楽譜見ても弾けない。
ということで、「ショーロ」のタブ譜を書いてやると・・・

あっという間に ある程度弾けるようになった。

やっぱり背伸び、無駄になってない!!!
[PR]
by kunimanga | 2009-02-26 23:43 | Comments(3)
2009年 02月 25日
歌うように・・・
「ショーロ」演奏動画をいろいろ見てたら・・・

この人すごい~~~~~~~~


なぁぁぁ~んて 柔らかくて 優しくて 甘い音・・・

クラシックギターってホントに素晴らしい~~~~~~~~~~
[PR]
by kunimanga | 2009-02-25 21:51 | Comments(0)
2009年 02月 23日
わかった!!!(≧∇≦)♪♪♪
この記事の曲、わかりました!

Youtubeの機能で、動画の作者に直接メールを出すことが出来るのを知って
質問したところ、教えてくださいました!

作者不詳の「ショーロ」だそうで、この本に載っていたそうです。

早速Youtubeで「ショーロ ギター」で検索すると・・・

いっぱい出てきた~~~!!!







「鐘の響き」という曲名らしい??
またまた検索してみると「ペルナンブーコ」(ペルナンブコ)という人の曲らしい??



それにしても・・・弾き手によって曲の印象って変わるなあ・・・

そして改めて聴いてると・・・・・・相当難しそう(^_^;)


でもめっちゃ惚れてしまったので、ものすごい背伸びかもしれないけど頑張ろう♪
(本当は練習曲を数多くこなすのが理想的なんだろうけど・・・)


★★★おまけ★★★

「作者不詳 ショーロ ギター」などで検索してみると、ウクレレ用のタブ譜を発見!
この曲ウクレレも似合いそう!
[PR]
by kunimanga | 2009-02-23 06:43 | Comments(2)
*