タグ:ギター ( 36 ) タグの人気記事
2009年 02月 21日
誰か~~~!!!
前にも貼った動画だけど



この曲の作曲者と曲名がわかる方いらっしゃいませんか!?

ピアノで言うとバイエルやソナチネ?みたいな、「練習曲」って言う感じだから、
クラシックギターの練習曲として有名?な、
「カルカッシ 25の練習曲」あたりかなと思ったんだけど
検索してMIDIを聴いてみたらどうやら違うらしい・・・
この動画にコメントで質問してるんだけど作者の方が気付いてないのか返信がない(泣)


ピアノでも ソナチネが妙~~~~~~~~~~に好きな私。
こういう「練習曲」っぽいのが妙~に大好き!!!
めっちゃ弾いてみたい!!!!!!!!

・・・のに、曲名がわからない~~~~~~(泣)

わかる人いませんか??もしいたらぜひ教えてください!!!
[PR]
by kunimanga | 2009-02-21 22:22 | Comments(7)
2009年 02月 02日
あ~~~~~こんなん見たら・・・
習いに行きたくなってしまう~~~~~~~

やっぱりクラシックギターいいなあぁ~~~~

(Youtubeで見つけた、子どもの練習中の動画)



どれくらい期間あいてるのかな?
確実に成長して確実にうまくなってる!!!
寝ぐせがかわいい(笑)




通える範囲にクラシックギターの教室がないから・・・

とりあえず、クラシックギターの教本を買おう。
[PR]
by kunimanga | 2009-02-02 20:46 | Comments(0)
2009年 01月 31日
弾き語り練習中・・・さだまさし 「夢」
20年以上 大大大好きな歌。



人はだれでも不器用で  
悲しくなるくらい不器用で  

けれども誰にも夢があり  
ぎこちないような愛がある  

私の夢はあなた  

へたくそだけど愛してた



・・・泣ける・・・。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。





さだまさしの何に惹かれるかというと

限りない優しさ、温かさ。

なんでこんな詩、メロディーが作れるのかな。



・・・って。

こんなぼろぼろじゃ元がどんな曲かわからないだろうから(^_^;)




[PR]
by kunimanga | 2009-01-31 21:20 | Comments(0)
2009年 01月 28日
ボロボロだけど・・・押尾コータローの「黄昏」(練習中)
完璧にしてからアップしたかったけど・・・・・・・・

何回弾いても何百回弾いても、つまるところ引っかかるところが・・・
どうしてもうまく出来ない(泣)
 
ってことで、開き直って「練習中の段階」をアップじゃ~~~!!!



脚 太!!!!!!!(笑)


しかしほんまに聴いとって息切れするような演奏やな・・・・・・(^_^;)


元々、こんなの弾けるレベルじゃないんです。
「無謀な挑戦」って言うところを評価してください(泣)




せめて誰かの励みに・・・なるかな???
[PR]
by kunimanga | 2009-01-28 23:15 | Comments(2)
2009年 01月 28日
常に上向いていこう! (出来るだけ)
一つのことを極めている人を見ると、その努力に非常に感動すると同時に
凹んでしまう自分がいる。


何もかもが中途半端な私。

欲張りだから、いろんなことに手を出す。
一つだけに絞ることが出来ないから、すべてが「初心者」レベル。



一つのことに惚れこみ人を感動させるほどのレベルの人・・・

すごいと思う。私とは人種が違うと思う。
私はあんな風には生きられない。絶対に真似できない。


自分なりに今頑張っていることに意味なんてないのかな・・・
この先どれだけ頑張っても極めるレベルなんてなれないのは目に見えているから・・・



やめてしまおうか・・・


と、一瞬思ったりしてしまう。


でもきっと私の目から「極めている」と思っている人も
自分では「極めている」と思ってはいない。

きっと世界の頂点に立った人だって、「まだまだ」と思っているのだろう。



高レベルな人から見て、初心者が頑張っていることをバカバカしいとは思わないと思う。

どんなレベルでも「頑張る」過程に意味がある。

自分が「楽しい!」 と思えたら、そういうものに出会えた幸せに感謝して
頑張り続けたらいいんだ、きっと。




よっしゃ!!!


ピアノ(ソナチネレベル)も、
ギター(Fがきちんと押さえられないレベル)も、
卓球(わが子に負けるレベル)も、

がんばろ!!!!!!!




雪割草栽培も、
愛好家の方々の話題についていけないレベルで、
私って中途半端やな~と思ったりしたけど、
雪割草が好き!!!!!という気持ちは中途半端ではない。
一生冷めない恋愛と言っていいほど惚れている。

ウクレレも本当はやってみたい。
ヴァイオリンもかじってみたい。

絵ももっと色々描いてみたい。
色んなソフトをマスターしたいし、PC絵だけでなく本当の画材で描くこともしてみたい。



やっぱり一つには絞れないなあ~。
世の中魅力的なこと多すぎ!!!





とりあえず今は卓球がめちゃ面白い!!!!

それからギター。もっともっと上手くなりたい!



面白いことに、夏から数カ月ギターを弾き続けていた二男、2ヶ月ほど休んでいたかと思ったらまた弾き始めた。

よく考えたら私が2ヶ月ほど休んでいたのだ。

連動してるというか・・・子どもって背中見てるんだな~。




「黄昏」がいくら頑張ってもどうしても仕上がらないから少し諦めモードだったけど、
「ティコ」を弾いてみたら初見で割と弾けた。

その他、以前弾けなかった曲が意外とすんなり弾ける。

「黄昏」でした努力が無駄にはなってなかった。

おもろいなあ。





早く動画をアップできるように、一曲を「完璧」に仕上げたいな!


今練習している曲

押尾コータロー 「ティコ」

この本から「いつも何度でも」
「野に咲く花のように」


さだまさし 「Birthday」「夢」(弾き語り)
[PR]
by kunimanga | 2009-01-28 08:00 | その他 | Comments(11)
2009年 01月 03日
Sungha Jung くんの Yesterday Once More


この子は 練習嫌になって泣いたりしないんだろうか。
ものすごくものすごくものすご~~~く ギターと音楽が好きなんだろうな~


親(環境)も ものすごく大きいと思う。

モーツァルトやベートーヴェンのように この子がこの家に生まれたことは
運命なんだろうな~~~


うちの次男(小学3年生)…
c0018617_073447.jpg

押尾コータローの「黄昏」ほぼマスターしたというのに

爪を伸ばすことが出来ない。(^_^;)
噛んだり、むしったりしてしまう。

爪を伸ばして クリアな音が出るようにして、
細かいところを直して完璧といえるくらいになったらYouTubeにでも載せてみたいのにな~
[PR]
by kunimanga | 2009-01-03 11:21 | おんがく | Comments(0)
2008年 11月 12日
押尾コータロー 「ティコ」
「黄昏」だいぶマスターできた。
どうしても詰まるところがあるけど・・・

次の曲行きたくなった。

次これ頑張る!!!黄昏より簡単そう。


こういう哀愁漂う曲大好き。

クラシックギターでもすごくいい感じ!!!!!!


あ~~~~~~~楽器っていいなあ~~~~~~~~

しかしこの人、ほとんど左手見ずによく弾けるなあ・・・
[PR]
by kunimanga | 2008-11-12 17:35 | Comments(0)
2008年 11月 06日
ピアノとギター両方好きな人はどうしてるんだろう
ギターを弾くためには右手の爪を結構伸ばす必要がある。
でも爪を伸ばすとピアノが非常に弾きにくい。

フィンガーピックはどうしても使いづらくて苦手。
爪と向きが逆だからかすんごく弾きにくい。

練習次第なんだろうか・・・




ところで「親子で無謀な挑戦」の記事のその後を書きたいんだけど時間がない。
動画も載せたいんだけど・・・

結論から言うと、自分でも無理だと思っていた「黄昏」、
一応「弾ける」と言っていいレベルまでなった。
私だけでなく次男も。2ヶ月以上毎日毎日弾いている。


めちゃくちゃ嬉しい。

「黄昏」と言う曲を知ったのはこの記事を書いたときだから、もう2年以上前。

2年の間、この曲に惚れつつ、無理と決めつけて
いいなあいいなあと指をくわえて見ていたのだ。

今回なぜか思い切って挑戦する気になって、楽譜を買って本当によかった。



練習する前に「無理だ」とあきらめることが、どんなにもったいないことかつくづく痛感した。
[PR]
by kunimanga | 2008-11-06 22:59 | Comments(2)
2008年 09月 16日
ミニギター研究
ミニギターは弦長(スケールとも言う。弦がピーンと張ってる部分の長さ)が短い。
短いと、張りが緩い。

フレットの間隔が狭いのと、弦の張りが緩いという理由から、弾きやすい。

普通のギターは大人の男の人用と考えると、
手が小さい女の人や子どもには、とても弾きにくい。

弾きにくいから、弾けるようになるまでにあきらめてしまう。

そういう人が多いと思う。


我が家の次男(9歳。小学3年生。身長、手の大きさ、平均的だと思う)が今、
S.YairiのYM-16でギターの練習をしているのだが、
c0018617_0553218.jpg
このミニギター、大人の女としては手が大きめな私でも、ちょうど弾きやすいと思うくらいなので、次男にはもっと小さいギターの方が弾きやすいのかもしれない。


ミニギターには3種類ある。
弦長が58~59cmくらいのもの、53~54cmくらいのもの、48cmくらいのもの。
高いものは買えないので、安いものをあげてみる。
c0018617_112575.jpg
(↑クリックで拡大)

子どもに与える影響を思うと決して贅沢品ではないので、今持ってない弦長53cmのものと48cmのものを買おうと思う。
(長男も三男も興味を持っている)

本格的に始めるならミニでない方がいいと書いてあるサイトもちらほら見かけるが、
ハードルは低いに越したことはないと思うのだ。手の大きさが全然違うのだから。




しかしミニギターには問題がある。

「音痴」なのだ。



実際今手元にあるYM-16も微妙に音痴だ。



音痴、というのはどういうことかというと、
普通ギターはフレットを一つ押さえると、半音高い音が出る。

ミニギターの場合、半音以上に高い音が出てしまうのだ。

その原因は考えてみればすぐわかる。




原因についてと、解決法について、詳しくは次回に続く。




※安物だから、ミニだから、オモチャ程度に考えないといけないと書いてあるサイトもあるし、実際楽器店の店員にもそう言われたけど、改善策はあるんです!!!・・・・たぶん。(まだ実行していないけど理屈で考えれば大丈夫なはず)
[PR]
by kunimanga | 2008-09-16 01:22 | おんがく | Comments(21)
2008年 08月 26日
エキサイトブログでもYoutube埋め込みが出来るようになったらしい♪
Sungha Jungくん(←何て読むかわからん)による「More Than Words」。
弾き語りでなくソロ。


かっちょえええええ~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな子クラスにおったら 惚れるわ!!!!!!!!!


どうやら有名人らしい。




何言っとんかわからん・・・
誰か訳して~~~~~~~~~



YouTubeで「Sungha Jung」で検索したら、い~~~~~っぱいでてきます。
[PR]
by kunimanga | 2008-08-26 09:54 | おんがく | Comments(2)
*